司法試験受験生のブログ。H25法学部→H29法科大学院→H30予備試験論文合格→H31司法試験へ

法律書、基本書及び演習書の書評、論証例の紹介、その他おすすめの本の紹介等、法学部生に役立つ情報を発信しています

最強の憲法判例集が登場?『精読憲法判例』の書評記事

今回は、『精読憲法判例』の書評をしたいと思います。
 
 
発売されると同時にSNS上で話題となりました。きっかけは、人気予備校講師である工藤北斗講師がツイッターで本書を絶賛したからだと思います。
 
 
 
ツイート内容はご自身で確認してもらいたいですが、司法試験対策上かなり有益であるという趣旨だったかと思います。
 
 
 
この点について、私も同意見なので、今回は司法試験受験生である私が、本書をおすすめする理由を述べたいと思います。
 
 
まずはざっと精読憲法判例の特徴を挙げます。
 
 
 
 
  1. 全文が掲載されている
  2. 判決の一文または段落ごと調査官解説に基づいた解説
  3. ナビゲーションあり
  4. 重い分厚い
  5. 掲載判例は人権分野からのみ
 
 
 
 
ざっとこんな感じですかね。
 
 
一つ一つ簡単に説明を加えて行きたいと思います。
 
 
 

判決全文が掲載されている

 
これが本書の一番の特徴ではないでしょうか。判決の全文が掲載されています
 
 
また、補足意見、反対意見も掲載されています。
 
 
 
つまり、当該事案に関する最高裁判所の判断の全てを知ることができます
 
 
私の知る限りですが、判決の全文を掲載している判例集は『精読憲法判例』が初めてだと思います。
 
 
 
よく利用されている判例百選は、判決の抜粋であるし、ごくわずかです。規範が圧倒的に重要性が高い他の科目とは異なり、規範に至るまでの論理構造が重要である憲法においては、判例百選では不十分と言わざるを得ません。
 
 

判決の一文または段落ごと調査官解説に基づいた解説

 
次に、2ですが、これも本書独自ではないでしょうか。
 
 
 
一文毎に解説を読むことが出来る判例集を他にはないでしょう。
 
 
 
規範に至るまで論理構造が重要であることが分かっていても、その論理構造を読み取ることができなくては意味がありません。
 
 
憲法判例はご存知のとおり、表現が難解であったり抽象的過ぎたり、解説なしで読み進めるのは至難の技です。しかしながら、多くの判例集は逐一解説してくれません。
 
 
この点、本書は判決一文・段落毎に解説が付いています
 
 
 
なので、一文毎解説を読みながら、判決全文を自力で読み進めることができます。また、必要に応じて参考文献が引用されているため、さらに理解を深めることも出来ます。
 
 

ナビゲーションあり

 
 
事案と判決文の間に「ナビゲーション」として、判決分読み込みの補助のために当該判例の意義や論理構造等の解説が付されています
 
 
 
 
論理構造に関しては、必要に応じて図式化されていたりします。
 
 
 
 
気をつけて読むべきポイントがわかるので、判決文を読みやすくなります。
 
 
 
 
私も必ずこのナビゲーションを読むようにしています。
 
 
 
 
逐文解説とナビゲーション。
 
 
 
 
とにかく判決文を自力で読めるようになって欲しいという執筆者の想いが伝わってきます
 
 
 

重い分厚い

 
4について。判決全文と解説がありますから、当然この判例集なかなかヘビーで分厚いです。
 
 
 
でも、ハードカバーでは無いので、使いにくいとは思いません。
 
 
 
ここは我慢するしかないですね。
 
 
 

 掲載判例は人権分野からのみ

 
 
 
本書には、73判例が掲載されていますが、全て人権分野の判例となっています。
 
 
 
択一対策としては、少し物足りないかもしれませんが、論文対策としては本書掲載の判例をしっかり読み込めば必要十分であると考えています。
 
 
 
近年の司法試験・予備試験では明らかに判例を踏まえた検討が求められています。
 
 
 
 
今年の司法試験でも、この点が強調されていたと思います。
 
 
 

『精読憲法判例』は最強の憲法判例

 
 
 
私個人の意見としては、現時点で、最強の憲法判例だと思っています。
 
 
 
私は、本書を読み込んで、来年の司法試験を迎えたいと思っています。
 
 
 
以上、『精読憲法判例』の書評でした。
 
 
 
 
精読憲法判例[人権編]
精読憲法判例[人権編]
posted with amazlet at 18.08.01

弘文堂
売り上げランキング: 48,769