司法試験受験生のブログ。H25法学部→H29法科大学院→H30予備試験論文合格→H31司法試験へ

法律書、基本書及び演習書の書評、論証例の紹介、その他おすすめの本の紹介等、法学部生に役立つ情報を発信しています

司法試験まであと218日、予備論文合格発表まであと3日

みなさん。お久しぶりです。

 

 

あと、司法試験まで

 

f:id:collegekun:20181008161743j:image

 

218となりました。

 

 

これを8科目で割ると、

 

 

1科目あたり27.25日となります。

 

 

 

全然時間ないです。ほんと焦ってきました。

 

 

もう直前期に入ったと考えていいと思います。

 

 

しかし、

 

 

なんかやる気が出ません。

 

 

 

その原因は、

 

 

予備試験論文式の合格発表が3日後に控えているからです。

 

 

 

自分の中では、不合格を確信してはいるんですが、合格発表が近づくと、もしかしたら受かってるんじゃないか、一応書ききったんだから可能性あるよねって考えてしまいます。

 

 

もうどうせなら発表しないで欲しいですね。これが本音です。私は現在、ロースクール最終学年なんで、合否に関わらず来年の司法試験を受験することが出来ます。

 

 

どうせ落ちてるんで、本当に発表しなくていいというのが、正直なところですね。

 

 

 

でも、不合格であれば、それはそれで背中を押してくれるのかなとも思っています。

 

 

合格発表前というのは、メンタルが不安定になります。これが司法試験の発表だと考えたら、、いや予備試験の方でよかったなと。笑

 

 

 

どっちにしろ、3日後の発表が、自分に良い影響を与えてくれると信じるしかないですね。

 

 

 

そういえば、答練は、伊藤塾のペー論にしました。1月コースです。ローのグループ割引でかなり安く受講出来ます。有難いです。

 

 

添削には、期待していませんが(コンプリの添削はひどかった、、)初見の問題を解く訓練は不可欠ですし、値段が思ったより安かったので伊藤塾にしました。

 

 

 

それでは。