司法試験受験生のブログ。H25法学部→H29法科大学院→H30予備試験論文合格→H31司法試験へ

法律書、基本書及び演習書の書評、論証例の紹介、その他おすすめの本の紹介等、法学部生に役立つ情報を発信しています

【資格勉強】資格勉強に役立つ本、書籍【おすすめ】【随時更新】

導入

 

今回は、資格勉強を今から始めようと考えている方向けに、

是非、資格勉強を始める前に読んでほしい本、書籍を紹介したいと思います。

 

勉強方法は人それぞれだと思いますが、自分の勉強方法は最適最善のものでしょうか

 

資格試験に合格するためには、もともとの頭の良さや、勉強量も重要なポイントとなりますが、一番大事なのは、勉強方法です。

 

 

これは、勉強方法に関する書籍が溢れていることからも分かるかと思います。

 

著者の多くは、それぞれ勉強方法を確立し、その勉強方法のおかげで

資格試験に合格することが出来たという思いから、それらを共有したいと考え、

出版しているのだと思います。

 

そこで、これから資格勉強を始めるという方は、私が今回紹介する書籍で勉強方法の勉強をしてから、自己の勉強方法を見直し、具体的な勉強プランを立てていただきたいと思います。

 

 

前置きが長くなりましたが、どれもオススメの書籍なので、

是非、チョックしてください。

 

【1】自分を操る超集中力

 

DaiGoさんは言います
 
集中力を操れば
一年を13ヶ月にできると
 
私も本書で紹介されているメソッドを日常に取り込んでいます。正直慣れるまでは、頭がフラフラになります。今までどれだけ能天気に過ごしていたかがよくわかりました。
 
あと、本書の前書きを読んでもらいたいです。今では超人気のDaiGoさんですが、実は苦労人なんです。前書きにおいて、なぜメンタリストになろうとしたのかを話されています。なんだか、急に親近感が湧きました。
 
 
そんな苦労人であるDaiGoさんが書いた本だからこそ、ものすごく信用性が高いんです。
 
なかなか集中できないという方は、まずこの本を読んで
集中する方法を学びましょう。
 
 

【2】仕事の効率が10倍アップする記憶術ノート

 
本書を読めば記憶術を学ぶことが出来ます。
 
 
資格勉強において、暗記は避けて通れません。
 
最終的に、合格する人の多くは、
どうすれば記憶をしやすいのか知っているのだと思います
覚えては、すぐ忘れるでは、一生合格できません。
 
記憶の仕組みを知って、効率的に記憶する必要があります。
 
 
記憶術の入門書として、
本書は最適です。
すぐに実践できる「術」を学ぶことが出来ます。